住みつく習性

駆除

イタチは、ネズミの駆除のためや毛皮として利用するために日本全国へ広まりました。そのうち野生化したものが住宅へ侵入するようになり、一度侵入するとそのまま住みついてしまうのです。早めに退治をしてしまいましょう。

More Detail

勝手に捕まえられない

いたち

イタチは、鳥獣保護法が適用されている動物です。鳥獣保護法とは、生活環境の保全などを目的に制定されているもので、野生の動物たちを守るための法でもあるのです。これが適用されているために、自宅にイタチが住み着いてしまっていることに気がついても、申請なしに退治することはできません。もし自力で退治したいというのであれば、各都道府県知事に申告をしたうえで免許を取得する必要があります。この免許は罠猟免許というもので、一度取得した後は3年毎に講習や試験を受けて合格し、更新が必要なものです。また、自力で捕獲をするためには、様々な道具を揃える必要もあります。さらに、噛みつかれるなどしてケガをする恐れもありますし、寝床の悪臭にも耐えなければならないのです。このように、イタチの退治は、簡単にはいかないものと言えます。そこで、頼りになるのがイタチの退治を専門としている業者です。業者に退治を依頼すれば罠猟免許の取得も必要ありませんし、安全に作業が完了します。無料相談を行なっている業者もありますので、イタチが住み着いているという確信が持てていない場合には、相談することから始めるとよいでしょう。さらに、相談のうえイタチが住み着いていそうであると判断した後、現地調査を行なって見積もりを先に出してくれるような業者を選ぶのがおすすめです。口頭だけでなく、実際にどのような状況であるか確認したうえで必要な作業を判断してくれるので、料金に関しても安心できるでしょう。

凶暴性を持つ

困る

動物の中には、可愛い見た目とは裏腹に凶暴性を持つものがいます。イタチもその一種で、ペットやお子様に危害を加える恐れがあるのです。被害が出る前に、早めに退治の依頼をしましょう。

More Detail

被害は多数

作業員

いわゆる害獣と言われているイタチですが、小さな体で多くの被害をもたらします。排泄物による臭いの被害や騒音の被害は、特に多く報告されているものです。早めに退治しなければ、健康被害に発展する恐れもあります。

More Detail