被害は多数

作業員

いわゆる害獣と言われているイタチですが、小さな体で様々な被害をもたらします。例えば、排泄物による被害が挙げられます。天井裏や床下などはイタチにとって住みやすい環境であり、寝床にすると同時にトイレもつくってしまうのです。一度その場所が気に入るとそのまま住みついてしまい、繁殖することも考えられます。複数のイタチが住みついてしまえば糞尿の量も多くなり、被害はより深刻になるのです。ひどい場合ですと、天井にシミができてしまうこともあります。さらに、肉食性が強いために臭いも強烈です。獣臭と混ざってしまうと、臭いをきれいに消すためには時間が掛かってしまうでしょう。また、意外にも騒音の被害が多く報告されています。特に天井裏に住みついてしまった場合、イタチが駆け回る際の、バタバタという足音に悩まされることが多いようです。寝床をつくるためにガタガタと物を動かす音や、出産してしまった場合には幼獣の鳴き声もうるさく感じるでしょう。イタチは夜行性であるために、夜間にこうした騒音の被害が出ることになります。そのため、睡眠不足やノイローゼに陥ってしまう方も少なくないのです。このように、イタチをすぐに退治せずに住み着いてしまうことを放置することで、健康に深刻な被害をもたらす可能性があります。繁殖などして数が増えてしまう前に、早めに退治をしてくれる業者に連絡をするのがよいでしょう。自力で退治をしようとすると、噛まれてケガをしたり乾燥した排泄物を吸い込んでしまったりするなどの危険があるので、プロに退治を依頼するのがおすすめです。